• HOME
  • 制作ヒント

制作ヒント

綴じる紙に穴を開けますか?

どんなファイルをお求めですか?
ファイルには大きく分けて、綴る紙に穴を開けて紙を綴じ込んでいくタイプと、穴を開けずに綴じるタイプがあります。
ご利用の用途に合ったファイルをお探しください。

穴開きタイプ

穴の開いたタイプ

綴る紙の量が多い場合、長期保存する場合、また閲覧を主にする場合には穴の開いたタイプのファイルが適しています。

穴の無いタイプ

穴の無いタイプ

書類の抜き差しが多い場合には穴の無いタイプのファイルが適しています。また綴る紙の量が極端に少ない場合もこちらのタイプが適しています。

このページのトップへ

素材

表紙の素材も用途によって選びましょう。社内向けには経済性を、社外向けには高級感や信頼性を演出するようなタイプがおすすめです。
また、印刷に向いている素材、不向きの素材などがあります。

PP(ポリプロピレン)製

PP(ポリプロピレン)製

PP(ポリプロピレン)は、防汚性、耐衝撃性、耐薬品性など、数多くの優れた特性を持っています。比較的短納期で安価に制作することが可能です。シルク印刷・箔押し印刷ともに対応しているので、手軽にオリジナリティを演出するのに最適です。

紙(ボード紙)

紙(ボード紙)

最もコストパフォーマンスに優れたファイルです。

貼くるみ

貼くるみ

貼くるみファイルは頑丈なボール紙にクロス、合皮、印刷した用紙などを丁寧に貼りこんだファイルです。裏貼りの素材も多数から選べ、オリジナリティにとんだファイルを製作することが可能です。

ビニール製

ビニール製

厚い芯ボール板を2枚のビニールシート(PVC/軟化塩化ビニール)で挟み、ウェルダー加工と呼ばれる高周波加工でビニールシート同士の外枠を接着して作 成します。ビニールシートは水、汚れに強いのが特徴です。ウェルダー加工によりボリュームのある豪華な仕上がりになります。

このページのトップへ

印刷・名入れ

おおまかに、オフセット印刷、シルク印刷、箔押しと3種類の印刷方法があります。
表材との相性があるため、表材とセットになります。

オフセット印刷

オフセット印刷

写真など精彩かつ綺麗に印刷する事ができます。また多色印刷も得意としています。
しかし小ロットになる場合割高になることがございます。

シルク印刷

シルク印刷

紙や布、その他多くの物に印刷が可能です。またベタの印刷に向いており、きれいで、しかも1色ずつ、特色の印刷も可能です。比較的小ロットにも対応しやすいです。

箔押し

箔押し

主に紙などの材料に金箔や銀箔または色箔を熱した文字や絵柄などの金型でプレスして箔を転写させる印刷方法です。一般的な印刷方法では表現できない金や銀の金属質な表現が出来ます。
ちょっとしたアクセントや高級感を出したいときなどに最適です。

このページのトップへ

綴り具

様々な綴り具の中から用途に合うタイプを選びましょう。綴り具の詳細は「綴り具一覧」からご確認いただけます。

閲覧向き

閲覧する

頻繁に閲覧するような書類は、リングタイプがベター。めくりやすく、ページの増減も比較的自由にできます。

保存向き

保存する

長期保存用には、パイプ型のバインダが最適。丈夫さはピカイチです!!
ページの増減も比較的楽に行うことができます。

追加向き

追加する

伝票など、追加書類が多いものは、手軽に留められるレバー式。差し替えも自由自在です。

このページのトップへ

オプション

名刺ポケットなどの各種ポケットやクリアファイル・インデックスなどご要望に合わせて製作いたします。

オプション

ポケット

表紙・背表紙・内ポケットなど、大きさや取付位置などお客様のご要望に合わせて制作いたします。

このページのトップへ